「 書評 」一覧

デュアルライフに役立つ本の紹介

“不食という生き方” 秋山佳胤著〜食の話だと思ったが心の在り方がとても良くわかる人生の指標となる名著。【書評】

“不食という生き方” 秋山佳胤著〜食の話だと思ったが心の在り方がとても良くわかる人生の指標となる名著。【書評】

一通り読み、タイトルからは想像もつかない”心の在り方”がわかりやすく書かれていて共感ボイントが多い内容であった。 人生のヒントが刻み込まれている一冊です。では、早速紹介しよう。 とても読みやすく、世の中の人すべての人が読んで理解すればいいのにと思う。

”人間観の覚醒” 芳村思風 著 人生、生き方の指標となる一冊【書評】

”人間観の覚醒” 芳村思風 著 人生、生き方の指標となる一冊【書評】

この本は何度も読み込んでしまった。人間の本質と今の世の中の歪みがとてもわかり易く書かれている。 本質なので当たり前のことだが気づいていないもしくは忘れてしまっている事に多々気づかせてくれる。 そして、今回の投稿では触れていないが子育ての観点でもしっかりと軸を持つべきと考えさせられるとても素晴らしい内容であった。 妻には絶対に読んでもらいたいと思っている。。。 紹介したいことは数多くあるがその中でもこれからの人生の軸づくりという観点で僕にとってとても響いた部分を紹介しよう。

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる。立花岳志著【書評】これからの楽しい生き方がぎっしり詰まった一冊だ。

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる。立花岳志著【書評】これからの楽しい生き方がぎっしり詰まった一冊だ。

「自分」を仕事にしたいと思っている人にはとっては絶対に読むべき本である。 「ブログ」という自分媒体を通して、「情報発信」をし続ける体制を整えられたら自分がなるべき姿、周りの人もそうなってほしいなどの思いも含め、自分の考えを言葉として発信していく事で自分の人生の方向性、人生の目的が定まってくる。

「自分」を仕事にする生き方 はあちゅう著 【書評】実体験に基づく「好き」を仕事にする方法がわかりやすく書かれている。響く言葉がたくさんあった。

「自分」を仕事にする生き方 はあちゅう著 【書評】実体験に基づく「好き」を仕事にする方法がわかりやすく書かれている。響く言葉がたくさんあった。

情報発信をして「自分」を確立することは時間もかかるし、根気もいることだという認識はあったが、書く方向性さえ間違わなければ、続けられるし、楽しい世界が待っている。と思わせてくれる一冊であった。早速紹介したい。

「ない仕事」の作り方 みうらじゅん 著【書評】刺激が強すぎた。

「ない仕事」の作り方 みうらじゅん 著【書評】刺激が強すぎた。

みうらじゅんさんのこの”「ない仕事」の作り方”は今まで読んできた中で特段衝撃的だった本です。こんな角度で継続力の重要性を説教されたのは初めての体験であった。 人生を楽しみたいと思っている人はぜひ、一度読んで欲しい本だ。 では、”「ない仕事」の作り方 みうらじゅん著”を紹介していく。

億男の書評

億男の書評

億男の書評 1億円手に入れたら読んだらいいよと薦められた とても親しくしている友人から 「1億円手にしたらこの"億男"読ん...