【九星気学】日盤吉方とは?

【九星気学】日盤吉方とは?

僕は毎朝、ランニングをする際に日盤吉方取りを行なっている。

日盤吉方とは日盤(今日18/06/08だと二黒中宮となる)の自宅から自分の吉方位に移動してその方位の吉の氣を取り込む事。

吉の氣を取り込むことでその日一日を良い流れに整える行為となる。

▼本日18年6月8日の日盤 (紫色は凶方位、赤色は最大吉方)

僕は本命六白−月命四緑なので本日の吉方位は東南の一白となる。

これはひとそれぞれ異なるのでこらら”【九星気学】あなたの星(本命・月命)わかりますか?本命・月命の出し方について“で確認を

日盤吉方取りのやり方

1.この自宅(もしくは昨夜寝た場所)から東南の方向に750m以上離れた所に移動する。

2.その方位で作られたもの、温められたもの、冷蔵庫で冷やされたものなどを体内に取り込む

以上のことでその方位の氣を取り込むことが出来る。

たったこれだけのことである。

僕の場合は朝起きて、

 1.今日の方位を確認。

 2.吉の方位に何km走るかを決め走っていく。

 3.目的地周辺でコンビニを探し、温められたものもしくは冷やされた飲み物を購入し飲む。

以上である。

3−4年続けている日盤吉方

吉方が取れる日はほぼ毎朝、吉方取りを続けている。

この効果としては朝いちに吉の氣を身にまとうことが出来るのでその後の行動に迷いがなくなるのが一番のメリットではないかと感じている。

吉の氣を毎日コツコツと貯めることが幸せへの近道と諸先輩方から聞いているので続けている。

幸せの近道というか”幸せと感じる力が付く”と言ったほうがしっくりくる。

おそらく日盤吉方を取り始めてから3-4年経つのですが、物事の捉え方が少しずつですが結果として大きく変わったと感じている。起こること起こることに意味があるという捉え方が当たり前となった。