「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる。立花岳志著【書評】これからの楽しい生き方がぎっしり詰まった一冊だ。

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる。立花岳志著【書評】これからの楽しい生き方がぎっしり詰まった一冊だ。

どんどんどんどん素敵な変化を遂げていく人。それが今回の著者の立花岳志さん(以下たちさん)。自分の日々行っていることや考えなどを情報発信し、どんどん言われたことを実行し変化を遂げていっている。

そして、そこでの経験値をセミナーなどのイベントを通し、リアルに伝えて多くの人に影響を与えている方だ。

僕も影響を受けている1人。昨年の11月から立花Be塾に参加して多くの事を学んでいるがそこで学んだ内容以上のことがぎっしり詰まった内容になっているのがこの本である。

「自分」を仕事にしたいと思っている人にはとっては絶対に読むべき本である。

「ブログ」という情報発信の手段を通じて自分の好きなこと、自分がチャレンジしていることなどを発信し続けながら成長を遂げていく。自分をさらけ出していくことで成長の速度が増すことは間違いない。言ってしまった以上やらなければという気持ちは言っていないときよりも確実に働くからだ。

ブログ」という自分媒体を通して、「情報発信」をし続ける体制を整えられたら自分がなるべき姿、周りの人もそうなってほしいなどの思いも含め、自分の考えを言葉として発信していく事で自分の人生の方向性、人生の目的が定まってくる。

僕も実際に昨年2017年の11月からコツコツとブログを書き続けてきているが最初の頃は書くこと自体がとてもしんどかった。しんどい中も書くことを目的としてコツコツと続けてきた結果80日位経った当たりから書くことへのしんどさが消えた。

このしんどさが消えると何を書こう、書くために何をしようという発想が脳内を占めてくる。僕の中では初めての不思議な経験であった。

本日で125日継続してブログ投稿を続けている。今までは書く書き出すくせを付けることを目的に投稿を続けてきたが、自分の活動が周りの人にも役立てるような情報発信を増やしていきたいという思いと自分チャレンジをさらに高めていきたい。それを伝えていきたいという気持ちが増した。

そんな中感じているのは
ブログ情報発信」とは自分軸づくりの絶大なるツールとなると認識できるようになった。

たちさんは本の中でこのように言っている。

「自分の好き」を発信することとは、自分の軸を作っていくことにほかなりません。
そして、自分の軸を作り続けていくことは、極端にいうと、「我は何者か」という問いを立て、その問いに対する答えを模索し続けることだともいえるでしょう。

「我は何者か?」この答えにはたどり着いていないがこの情報発信という行為を続けることで自分軸、人生の軸が定まり、自分の意見、自分の行動などにブレが生じなく成り、自分の行動自体が周りの人の役に立っていく。このような流れになるものだと認識した。

まとめ

他にも重要なことがたくさんぎゅうぎゅう詰めになった本であり、1,500円の情報量ではない。この一冊の事柄をしっかりとこなしていけば、人生を大きく変化させることが可能だろう。

繰り返しになるが「情報発信」が自分軸を作り上げ強固なものになり、自分の意見や行動に厚みを増していくものだと理解した。

周りでそのような方々が増えてきている。リアルな実例を目の前にしている。

僕も好きなことをさらに研ぎ澄ませて、人生を謳歌し、周りの人に役立てる力をつけていくことを楽しみに邁進していこう。行動あるのみ。