サハラ砂漠マラソン6回連続完走の女王にお会いした。

サハラ砂漠マラソン6回連続完走の女王にお会いした。

サハラ砂漠マラソン6回連続完走の女王にお会いした。

今回はご縁いただきサハラ砂漠マラソンに2013〜2018年と6年連続で完走されている女王Renaさんとお会いさせていただく機会を得た。

浅草のサハラ砂漠マラソンの聖地であるホステル”Chapter two”に集まることになった。

この”Chapter two”を経営されている上田ご夫妻は新婚旅行がサハラ砂漠マラソン。

そんな自己紹介を受けたら猛烈に印象に残りますよね。

そんなご夫妻が運営されているホステルなのでサハラ砂漠マラソン経験者が集まるスポットになっているようです。

さて、6年連続でサハラ砂漠マラソンに出られている女王Renaさん。今回、お会いする機会をいただきました。

とても気さくな方で経験値を惜しみなくお話してくれる素敵な方です。

▲Renaさんとの2ショットいただきました。

Renaさんを中心にサハラ砂漠マラソン経験者および2019年(僕が参加するタイミング)に参加する人たちのコミュニティが出来ており、経験者の方々に色々と質問できるような環境が出来上がっている。

なんとなんと素晴らしい。

6/4にも過去2013〜18でサハラ砂漠マラソンに参加した方および2019年にエントリー済みの人限定の集まりもあり、お誘いいただき参加させていただくこととなった。

寝袋とマット

寝袋はモンベルのダウンハガーの#3を使っていると聞いた。

これは僕が登山で使用しているものと全く同じものだったのでこのあたりのものでいいんだなとイメージを持つことが出来た。

マットは実際のモノを見せてもらい、衝撃を受けた。

▲これがマット。これだけ穴空いてます。 これに空気を入れて寝袋の下に敷く。

▲ブランドはInertia X-lite

▲大きさは全身は覆えない

マットがうまく切り抜かれていることにとても驚いた。確かに一部穴が空いていても身体は支えられるなあと気づいた。 

切り抜かれていることにより、たたむとだいぶコンパクトにまとまるというメリットが生まれる。

これはまだまだ一部ではあるが道具選びはかなり楽しめそうである。

発熱剤 モーリアンヒートパック

▲これですがこの発熱剤を開けて専用の袋の中に入れる

▲水をかけると発熱する。その袋の中に温めたいご飯や麺などを入れるとそれらが温まる。

ガスボンベとバナーを持って火をつけてお湯を温めてという動作よりもだいぶ楽であることが想像できる。ただ、バナーでもいいんじゃねという思いもある。

ただ、過酷なレース。走っている以外の時間の工数は極力少なくしたいという思いが発生するだろうし、実際にその些細な部分への気配りが重要になってくるのかもしれない。

そのあたりを経験者に尋ねていくことにしよう。

まとめ

まだまださわりしかサハラ砂漠マラソンの事をわかっていないが、研究しがいがある内容が盛り沢山なので今後、アイテムで研究を掘り下げていったものはこのブログで報告していく事にする。

サハラ砂漠マラソンエントリー決めてから素敵なご縁が増えてます。本当にありがとうございます。2019年エントリーの仲間としっかり楽しんでいこう!

次回Renaさんにお会いした時はもっと色々聞いてみよう。6年連続はホントすごい!!