立花Be塾レベル2 第1講〜 大丈夫ワールド作り。周波数を高める。

立花Be塾レベル2 第1講〜 大丈夫ワールド作り。周波数を高める。

先月で終了した立花Be塾レベル1の講義に引き続き、レベル2の講座を受けることにした。レベル1でしっかりと書くということに関しての習慣化が身についたのでレベル2の参加はすんなり決められた。

レベル1から得られたことに関してはこちらの記事からどうぞ。

立花Be塾レベル2への期待

今日でブログを書き続けてちょうど120日となる。投稿することに対しての抵抗はほとんどなくなり、書きたいと思ったことを書き出し、其の日の内に投稿。日誌的なものもあれば、学びのまとめや自分なりの考えも少しずつ書き始めている。

現時点では書く習慣化が第一目的なので読まれる、見られる意識はグッと下げて書き続けている。ただ、ずっと読まれないブログでは書いている意味を問うことになってきていしまう。

このレベル2の講義で期待することは読まれるブログへの道筋をしっかりと把握し、そこへ向けて実践していく道を作り上げることが目的である。

第一講義からの学び

本日の講義からの学びは以下となる。

ダメワールドから大丈夫ワールド

まずはあり方の話。今日本は自己否定をするような訓練を積まされてきて、実際になにか起こるとどうせ俺なんかには出来っこない、こんな俺はダメだ。など、すぐ自分を否定して”罪悪感”を感じ、無力感へとつながり、何もしない人間となる。これは国を支配する側には申し分ない状況だ。

この罪悪感を持つ習慣を外すことがまず大事である。これは自分を客観視してその自分を肯定する。それの繰り返し。それにより、自分を素晴らしく思えるように定着する。

周波数を高める努力

人はエネルギー体だ。気体。身体が発する周波数高めていくことで成長する。周波数が近い人間といると居心地が良い。リッツカールトンなどに泊まる方々は周波数がとても高い。だからリッツカールトンに行くだけでその周波数を感じることが可能。これも周波数を高めるトレーニングである。このように周波数を意識していくことを取り入れていくことにした。

読みやすいブログを意識する。

まずは読みやすいブログにすることを意識する。今は約8割がスマホからの閲覧である。文が長すぎると読みづらくなり、途中で離脱されてしまう。
読みやすさを実現するためには

・見出しを作る。
・短文にする。(長い文は分ける。)
・漢字を減らし、ひらがなを多くする。

などなどである。まずは実践していく。

まずは他人のふんどしから

ブランディングの話。今は全く力がない状態。この状態で自分のメッセージなどを書いた所で「こいつ何言ってんだ?」という話にしかならない。

だから、まずは徹底して他人のふんどしを利用して自分をアピールしていく。例えば、僕ならばサハラ砂漠やSUPの事について調べたこと、経験したことを伝えていく。サハラ砂漠やSUPが他人。この他人の事を掘り下げていき、自分の考えもしっかりと伝えて自分の個性を表現していく。これを続けることにより、自己ブランドができあっていく。まずはここから。

まとめ

レベル1とは異なる。心のあり方、自分の高め方など日々訓練が必要となる事をたくさん提示いただいた。ここで子を育てつつ、ブログを育てることで自己ブランドが出来上がっていくのだろうというイメージを持つことが出来たので今回の大きな収穫である。

また来月が楽しみだ。