無農薬でレモンを育てる際に紙のカバーを被せると出来栄えが断然良くなる!

無農薬でレモンを育てる際に紙のカバーを被せると出来栄えが断然良くなる!

糸島でお世話になっている農家さんでは、レモンを無農薬で育てている。
無農薬で育てると見た目が黒くなったり、固くなったりと
外観に影響が出る。(当然、中身は美味しいレモンである。)

▼このように凸凹したりする

▼全体的にも色合いなどもまちまちとなる。

そこで今季取られた施策が防水の紙のカバーを
レモン一つ一つに被せるというもの。

▼この防水の紙を被せる。

▼こんな感じ

▼収穫したレモンがこちら。

▼とてもキレイに仕上がっている

▼全体的に見てもすごくきれい。

無農薬自体とても大変な努力が必要なのだが、
さらにこのような防水の袋をかけるという手間を加えることで

出来栄えも良くなる。

無農薬のレモンはとても貴重である。
僕はスロージューサーにかけて野菜ジュースをよく飲むが
まるごとレモンを使えるとなるとかなり重宝する。

無農薬レモンが増えることに期待です。