【SUP練習日誌170905】SUPボード種類、コース、距離、タイム、ストロークなどを記録する。

コンディション

天気:晴天!日差しは引き続き強いが気温が30度を下回る。 風:北風+東風約2〜5m 波:SUPで多少波乗り出来る程度の波。サーファーは時間が経つに減った。 うねり: 七里ガ浜〜稲村ヶ崎は穏やかなうねり 江ノ島一周は前後左右からうねり満載。漁船とすれ違ってもうねりの大きさと変わらない。

SUPボードの種類

インフレータブル 長さ:9.6フィート 幅:32インチ airSUP 汎用艇

SUPパドルの種類

ワンピースハイブリッドパドル

SUPコース① 七里ヶ浜〜稲村ヶ崎

稲村ヶ崎 片道 1.9km

SUPタイム

稲村ヶ崎は20分28秒 平均ペース10分45秒

SUPパドリング回数

平均ストローク数 46ストローク/分 ベストストローク数 62ストローク/分 ストローク毎の距離。後半、風が強くなったのがわかる。

SUPコース② 稲村ヶ崎〜七里ヶ浜

稲村ヶ崎 片道 堀田さんに付いていく 1.15km

SUPタイム

稲村ヶ崎は10分53秒 平均ペース9分29秒(最初の1kmが8分58秒)

SUPパドリング回数

平均ストローク数 47ストローク/分 ベストストローク数 67ストローク/分 ストローク毎の距離

SUPコース③江ノ島一周

江ノ島一周 6.73km

SUPタイム

江ノ島は1時間27分38秒 平均ペース13分01秒

SUPパドリング回数

平均ストローク数ストローク/分 ベストストローク数ストローク/分 ストローク毎の距離 (後半の風の強さがあるよくわかる)

今日の気づきと反省

・今日は久々に9.6フィートのノーマルなSUP。レース艇に比べてとても安定して乗りやすかった。レース艇で練習していたので9.6フィートでは様々なうねりに対応できるようになっている。成長している。 ・今回は稲村ヶ崎往復した後に江ノ島一周したがいつも疲労する腰回りの筋肉が痛くならなくなってきたので姿勢が変わってきたのか?それとも筋肉が慣れてきたのか?ともかくいい方向に向き始めている。 ・稲村ヶ崎への片道は若干の向かい風ながら9分台で漕ぐことが出来た。そして、とても進んでいる感覚を得ることが出来て気持ちが良かった。 ・稲村ガ崎からの帰りは堀田さんについていく形で見よう見まねでついて行った結果、人生初の8分台/km。間近で堀田さんの漕ぎを見て改めて思ったのは身体を前に90度近く倒し、パドルを前へ倒している。 ・あと気づいたこととして引手の位置が低すぎたこと。低すぎるので身体が必然的に引き手側に倒れてしまう。その分抵抗となる。また、低すぎる手を高い位置に上げることにより、テコの原理が働き、パドリングが楽になることを感じた。 ・江ノ島の一周はうねりがとにかく多かったが前へ前へ進んでいくことが出来た。 ・江ノ島の北側に入ってから猛烈な東風に見舞われ、全く進まない辛い時間が続いた。江ノ島大橋の下は風が強くてくぐるだけで一苦労。橋を渡ってから腰越を超えるまで18分/km以上かかる。全く進まない。良い修行となった。 ・この時の学びとしては強風向かい風の時は身体を完全に起こさずに姿勢を低くしてピッチで漕ぐと風の抵抗を受けにくく、比較的進むという手応えを感じることが出来た。 ・7月後半から本格的に漕ぐ練習を始めたが今回、はじめていくらでも漕げるという感覚を得ることが出来た。これは気温が下がり快適になったからかもしれないし、SUPに必要な筋肉がつき始めてきたからかもしれないし、分からないが少しの成長を感じることが出来た1日であった。 Posted from SLPRO X for iPhone.