糸島白糸酒造の蔵開きは名酒田中六十五を購入できる

糸島白糸酒造の蔵開きは名酒田中六十五が購入できる

糸島白糸酒造の蔵開きに初参戦。

今回は糸島の情報満載ブログ”いとゆる”を 運営されている西川さんに 無理を言ってご一緒させていただきました。   西川さんのブログ”糸島ゆるゆるライフ”はこちら   西川さんは毎年、蔵開きにいらしているので 蔵開きの過ごし方の達人です。  

糸島の中心、筑前前原駅からまずはタクシーで移動

筑前前原からは有料200円の白糸酒造直通バスが この蔵開きの日のみ運行します。 ただ、すごい行列。   我々は筑前前原駅からタクシーで10分程度(1,570円)で移動。 そして、10:30位に到着したわけですが、既に多くの人がいた。 11時からと聞いていたのだが、、、、   11:00蔵開きスタートと聞いていたのだが、、、、 (毎年こんな感じだそうです)

白糸酒造の入り口で100円お猪口を購入

  ▼入り口で100円のお猪口を2個購入し、 ▼ここで無料でお酒を注いでもらえる。 しかし、飲み放題のお酒を楽しむも、 お猪口が小さいため、 その都度注いでもらうのは効率が悪いということで 四合瓶のお酒を飲むほうが良い。 と西川さんは毎年早々に四合瓶を購入して飲んでいる。 さすが通です。

白糸酒造の蔵開きでしか買えない貴重な名酒田中六十五

  この蔵開きの時にしか買えない田中六十五を購入。 みんなで楽しみましたぁ。 ▼これが田中六十五です。 この田中六十五めちゃめちゃ美味しい。 私はお酒お酒した日本酒が苦手なのですが この田中六十五は香りがしっかりしていて 口の中が心地よくなる感じですかね? うまく伝えられない(^^;; ▼お酒は2箇所で販売 お酒は二箇所で販売されていますが共に長蛇の列。

場所取り。タンドリーチキン前確保!まだ2月。温かさが重要!!

▼タンドリーチキン焼いてます。 奥のタンドリーチキン焼いてる目の前に陣取って、 温かさを確保した上で日本酒や食料を調達。   来た当初は明らかにここに陣取るのに違和感を感じたが、 みるみる内に会場自体がいっぱいになり、 ベストポジショニングとなったわけです。 ▼あっという間に人がいっぱいに さすが、毎年来られている西川さん 完璧です。

白糸酒造 新酒 M55の名前の由来

13時前に餅まきが行われました。 オーナーさんの挨拶があり、 今回のM55という新酒の名前の説明がありました。   「昨年、孫が生まれまして、 孫の名前がM◯◯◯で、 その誕生日が5月5日なんです。」   観衆:お〜〜〜〜。おめでとう〜〜〜   「その誕生日から精米歩合55%にした 新しい味のお酒を作りました。」   ▼その後、息子さんとお孫さんが登場して大盛り上がり。 ▼その後餅まきが、、、大量に餅が飛んできました。

白糸酒造、真の蔵開きは13時から

そして、13時から真の蔵開きがスタート。 ▼大行列 この場でしか飲めない希少な日本酒をチケットを購入して味わう。   ▼入ったらハネ木絞りがありました。 ▼300円チケット4枚を1,000円で販売しているものを購入 ▼中で飲める日本酒が300円〜900円。 私は”大吟醸”と餅まきの時に オーナーが話しをしていた”M55”は飲むと決め、 並んで日本酒に変えるときに 共に600円という事に気づいた。 ▼いよいよ注いでもらいます。 前日に白糸酒造に行って梅酒と甘酒を飲まないのは 行ったことにならない的な事を言われたのを思い出し、 ▼私は急遽追加で300円渡し、梅酒もいただきました。 M55は新作で孫の名前と誕生日から取ったということもあり、 独特な味で酸味のあるフルーティな日本酒だ。 私はかなり好き(^。^)   梅酒も甘すぎずすっきりした味で 前日の皆様の思いが分かりました(^^;;  

まとめ

という感じで 人生初の蔵開きというものをとても楽しく味わう事が出来た。   楽しめたのはいとゆる西川さんのおかげです。 ほんとにありがとうございましたぁ。   その後、体調を整えるために 夕方寝どこについたのですが再び38.5度に上昇(^^;;   酒は百薬の長という事で まあ、こんなこともありますね。