食パン専門店”一本堂” 目黒学芸大店 専門なんだから美味いのか?

食パン専門店”一本堂” 学芸大学駅を食す。

食パン専門店という言葉にどう感じる?

小さな店舗で入り口に食パン専門と記載。

初めてこのお店を見かけた時にとても氣になった。

ありそうでなかった”食パン専門店”

専門店と言われるとやはり心理的に

それはそれは美味しい食パンが食べられるんだろうな!!

と思わざるをえないわけです。

食パンが一斤ごとに並ぶ

店舗に入ると食パンが一斤ごとにきれいに並ぶ風景。

今までに見たことがない光景。

5種類の食パンが一斤ごとに整理され、

窓側にはスライスカッター。

ここで好みの厚みにカットしてくれる。

食パンの種類は5種類

このチラシのように5種類の食パンが用意されている。

一本堂:北米産小麦のプレーン (260円)

ゆたか:国内産小麦のプレーン (360円)

たから:北米産小麦の一本堂食パンの密度を高めた (340円)

れーずん:一本堂食パンにラム酒につけたレーズン入り(360円)

ちーずゆたか:ゆたかに国内産チーズを加えた(480円)

しっとりふわふわな食感

できたての一本堂食パンを6枚切りにしてもらい購入。

早速食べてみた。

とっても柔らかく、口の中に入れるとふわふわな食感

そして、小麦の香りがして、噛むと甘みがぎゅっと出てくる。

実際に食パンをつぶしてみると簡単につぶれる。

それくらいに柔らかい。

まとめ

専門店という心理的な思い通り、

本当に美味しいと思える食パンであった。

何でも屋より専門店というながれはしばらく続くんだろうな。

スーパーよりパン屋さん

パン屋さんより食パン屋さんというように。

アンパン専門店やコッペパン専門店などもあるのかな?