書評まとめると、本から掴んだ事と何をすべきかがクリアになるのでオススメ。

書評まとめると、本から掴んだ事と何をすべきかがクリアになるのでオススメ。

昨日、一昨日と読んだ本について書評という形でまとめてみた。
今まで読みっぱなしであるものもあれば、
響くものは何度何度も聴いたり読んだりしていた。

それでも十分に意味があると思うが、
昨日、一昨日と書評としてまとめることで
これはとてもメリットあるなと感じたのでそれについてまとめてみたい。

僕の書評のまとめ方

僕が書評をまとめる時は
まず、そもそも何ためにこの本を読んだかなとイメージしつつ、
Kindleで読んだハイライトの部分を再度一通り読み直し、
その時に改めて自分に響いたものについてはその周辺を読む。

ハイライトの中で再度響いたものを抽出して
それらを引用し、それついて自分が感じたこと、
それと自分の行動に繋がったこと、行動してどうであったか
などをまとめている。

とはいえ、まだ二冊なので今後も改良をしていきます。

まとめてみて感じたこと

メリットとして感じたことを箇条書き位すると
響いたことが身体に落ちてくると感じる。読みっぱなし感が消える。
行動に移していたものについては、行動してみて本の内容と合致してるか照らし合わせられる。
これは行動に移したいということを自分の言葉でき、行動に移しやすくなる。
記録として残せるのでこの先行動した後の自分と比較できる。

などがあると感じることが出来た。

まとめるのは大変だが、その分自分にとってメリットも多いなと体感できたので
今まで読んできて、響いた本は極力時間をとってまとめていくようにしよう!!

レターポット始めました!

参考になった方レターポットでメッセージくれたら嬉しいです。

石坂のレターポット