わからない言葉、漢字をしっかりとその場で確認する事を習慣に。

わからない言葉、漢字をしっかりとその場で確認する事を習慣に

昨年から習慣化してきて、しっかりと出来たので紹介する。

こんなことを今更(40歳を越えて)習慣化すべきでなく、
もっと早く習慣化すべきことなのでお伝えしておきたい。

本を読んでいてわからなかい言葉が出てきた時、
人と話しをしていて、知らない言葉やわからない言葉が出てきた時、
毎日の出来事まとめを書く際やブログ記事を書く際、漢字が出てこない時や表現方法に迷った時など。

このような状況によく出くわす。
昔の私はその状況を放置してわかるとこだけ理解できればいいや。
という過ごし方をしてきた。(成長の機会を大幅に失っていた、、、、)

という事で2016年後半から行ってきたことをざっとまとめてみた。

【大辞林】iPhoneアプリで逐一調べる。

わからない言葉が出てきたら辞書で調べる。
恐らく、小学校低学年で教わった内容だろう、、、、
ただ、辞書を持ち歩くのはさすがに大変だが、
今は便利な辞書アプリがたくさんある。

私はそんな中使っている一つは

【大辞林】

わからない言葉が出てきたら大辞林のアプリに
その言葉を入れて意味を確認する。

大辞林

大辞林
開発元:物書堂
¥2,600
posted with アプリーチ

【類語新辞典】iPhoneアプリで表現方法を広げる。

ブログを書いている時に例えば、飲食店について書いた時に
美味しいを連呼したい時、

この生姜焼きがこんなに美味しくて
次に出てきたハンバーグ、
これもまたまた美味しい。

最後のステーキも美味しい。

と同じ表現が並ぶのはなんかバカっぽい。

ただ、他の言葉が出てこない。

そんなときに役立つのが辞書アプリの

【類語新辞典】

を使用している。

例えば、先ほどの「美味しい」を入力すると

▼このように類似の言葉がズラッと出て来る。

▼それらのそれぞれの意味を細かく確認することが出来る。

角川類語新辞典

角川類語新辞典
開発元:物書堂
¥1,600
posted with アプリーチ

まとめ

この調べるの習慣化を徹底して、
使える言葉を増やす努力は死ぬまで続けよう。