博多から糸島へはバスの移動が便利

博多から糸島へバスで移動が便利

博多駅の博多口を出て右手にあるバスターミナル

いつもは福岡空港から地下鉄に乗り、乗換なしに

糸島市の筑前前原駅を目指す。

しかし、今回は博多で予定があったため、

博多からバスで糸島を目指すことにした。

JR博多駅の博多口を出て右手に行くと

バスターミナルのビルがある。

バスターミナルの3階が高速バス乗り場

バスターミナルに入り、三階にエスカレーターで上がると

高速バス乗り場がある。

この高速バス乗り場の”32番のりば”が前原(糸島)行きのバスである。

本数は1時間に1本。夕方は3-4本。

本数は日中は1時間に0-1本。

帰宅時間の17時〜19時にかけては

1時間に3-4本。

日中利用する時は時間を確認しておいたほうが良いですね。

時刻表はこちらです。

料金は前原まで640円

3階の乗り場付近にある自動発券機で切符を購入できます。

筑前前原付近は640円です。

ちなみに博多ー筑前前原の電車代は580円です。

コースは博多、天神付近と前原インターから先は細かく停車

博多を出発し、天神を通過して高速に乗るまでは

細かくバス停を停車する。

高速に乗ったら前原インターまでノンストップ。

前原インター以降は住宅地を通っていくために

細かく停車していく。

前原インター→南風台→前原駅の北口側と進んでいく。

志摩地域まで行くことが可能。

今回、私は前原で降りたのだが、

その後、志摩中央公園方面へ北上し、志摩の吉田付近にあるバス車庫まで行くことが出来る。

まとめ

先日は前原から博多までバスで移動したがあまりにも快適だったために

今回、博多からバスで入ることにした。

糸島に拠点を設けた際に、この高速バスが通過する付近の拠点となる場合は

この高速バスを多用することになるだろう。

前原の新興住宅地である南風台の方などは

バスを多く利用しているのではないかと思う。

景色も異なるのでまた違った楽しみがありますね。