“不食という生き方” 秋山佳胤著〜食の話だと思ったが心の在り方がとても良くわかる人生の指標となる名著。【書評】

“不食という生き方” 秋山佳胤著〜食の話だと思ったが心の在り方がとても良くわかる人生の指標となる名著。【書評】

一通り読み、タイトルからは想像もつかない”心の在り方”がわかりやすく書かれていて共感ボイントが多い内容であった。 人生のヒントが刻み込まれている一冊です。では、早速紹介しよう。 とても読みやすく、世の中の人すべての人が読んで理解すればいいのにと思う。

伊豆大島〜江ノ島までの69kmを無事漕ぎきった。ひとまず報告。

伊豆大島〜江ノ島までの69kmを無事漕ぎきった。ひとまず報告。

2018年7月10日は人生においても経験値として上位に残る1日となりました。 朝4時に江ノ島を船で出発し、6時過ぎに伊豆大島をスタート‼️ 外洋の潮の流れの凄まじさを色々と体験しながら経験者の指導の下、潮で東に流されながらも運も味方に付き、時間内に11時間20分で江ノ島まで漕ぎきることが出来ました。

CROS SUP2018の前日。 明日はいよいよ本番。その気持を書いておこう。

CROS SUP2018の前日。 明日はいよいよ本番。その気持を書いておこう。

先週の7月3日にコンディションが僕らのレベルでは厳しい環境であったために7月10日へと延期とし、前日を迎えた。 風の予報はいい情報が続いているが、台風8号が南の海上に発生していてこの台風がうねりの心配があるのではということで、前日の昼までの判断となっていた。 結果は行けそうだという判断となり、GOサインが出た。

親指シフトが約2ヶ月半で完全定着。

親指シフトが約2ヶ月半で完全定着。

1ヶ月半を過ぎた段階で完全にローマ字入力を使わずに親指シフト一本での環境に切り替えた。 完全に切り替えた段階は多少の戸惑いはあったものの、導入期の猛烈なる疲労感に比べたらなんてことはなかった。 そして、2ヶ月半経った6月半ば。 脳内でローマ字入力が出てくることがなくなった。たまに親指シフトではない入力をしているときがあるがそれがローマ字入力なのかは認識できない。 ということで完全に親指シフト入力への切替が完了した。

人間観の覚醒 芳村思風著〜 子育て編 【書評】

人間観の覚醒 芳村思風著〜 子育て編 【書評】

僕はこの本に出会い、とても刺激を受けた。ここ数年で一番繰り返し読んだし、考え込んだ本である。 今回はその子育てに通ずる考えさせられる内容を中心に紹介していきたい。 その結果、僕は生き方に素直になれる。素直になっていい。という気づきを得て色々とトライアルしている。 この本からの学びはとても多く、子育てという観点でも考えさせられる内容が多かった。

CROS SUP 2018は7月10日に延期。

CROS SUP 2018は7月10日に延期。

本日、2018年7月3日は伊豆大島〜七里ヶ浜の60kmの工程をSUPで漕ぐチャレンジ "CROS SUP 2018 Challenge Race Oshima to Shichirigahama" の実施日であったが、天候(主に風とうねり)が悪く、延期となった。

”低GIアップルハニー” CROS SUP 60kmチャレンジ用の食料に低GI食品を取り入れてみる。

”低GIアップルハニー” CROS SUP 60kmチャレンジ用の食料に低GI食品を取り入れてみる。

”CROS SUP 2018 (Challenge Race Oshima to Shichirigahama)" が迫ってきた。 このチャレンジは明け方に江ノ島から船で移動し、大島に6時位に到着しスタートする。 日没可能な時間までをタイムリミットと設定し、サポート船同行の下、6人で全行程をSUPの上で漕いで移動するというチャレンジである。 さて、12時間近く日陰のない海上を漕いで移動するというチャレンジであり、それなりの体力と水分の消耗が予想される。 ひとまず以下を準備する。 ・水6リットル ・以下の写真のエナジー補給食品(1,500〜2,000kcal) ・またいちの塩(数グラム) そんな中、今回こだわってみようと思ったのが血糖値が上がりにくいエナジー食材。

専属整体師にSUPで蓄積した身体を施術してもらいわかったこと

専属整体師にSUPで蓄積した身体を施術してもらいわかったこと

5月末から6月にかけてSUPでのロングディスタンスの練習を行った。 距離は25〜35km。時間は4時間〜7時間半。 当然、ストレッチは行っているのだが、全く張りが取れず、終いには痛みも感じなくなり、ストレッチにかける時間も減るというながれどなってしまった。 来週のCROS SUP本番に向けて、身体をしっかり整えるタイミングであるので専属整体師の先生を家に来てもらうことにした。

2018年も糸島で田植えの作業をお手伝い。一年の経過が早い!!

2018年も糸島で田植えの作業をお手伝い。一年の経過が早い!!

昨年に続き、今年2018年も糸島にて田植え作業に携わる機会をいただいた。 今回の業務は ・苗を田んぼの辺に4つずつ間隔をおいて置き、田植え機に苗を乗せやすい環境を作る。 ・田の4角の凸凹をならして整える。 ・苗を乗せた後に苗の鉢の根っこなどを取り除き、片す。 ・夕方来る母子の手植え作業の段取りと一緒に田植えを実施する。

【CROS SUP練習日誌180622】 パドルでの進み方の理論について学ぶ。

【CROS SUP練習日誌180622】 パドルでの進み方の理論について学ぶ。

SUPボードに限らず、カヌーなどパドルを使うものの進む理論の基本部分を説明いただいた。 SUPはパドルで漕ぐ以外は基本進まない。風と潮に押されて進むことはあり得る。 パドル面全体で水をキャッチし、その圧を利用してボードを前に進ませる。 当たり前だが、ボードは水面と水平方向へ推進力を持って進む。 この推進力の方向にパドルの圧をかけないとボードは進まない事は理解できるだろうか! 水面との水平方向以外(上下の垂直方向はもちろん斜め方向も)は推進力を弱める結果となる。

自分で気づかなければ知恵にはならない。〜あー知ってる知ってるではダメ〜

自分で気づかなければ知恵にはならない。〜あー知ってる知ってるではダメ〜

僕は本は気になったらすぐに買うし、気になる講座があったら日程さえあえばすぐに申し込む。 こんなスタンスをこの5年間位ずっと続けてきた。 ひたすら、インプットしている。 インプットは意味があり、自分のためになっていると思っていた。 しかし、これは ”知恵=活かせる知識” にはなっていないということに気づいてしまった。

”元気”という言葉は”元の氣”という意味と知り、考察してみた。

”元気”という言葉は”元の氣”という意味と知り、考察してみた。

今回も色々な学びがあったがその中でも特に僕にとっての気づきが大きかったのでシェアしたい。 ・”元気”という言葉は”元の氣”と書く。全ての始まりの氣ということ。 全ては太極であり、太極は全ての始まりの点、氣である。 この太極を「元気」といい、”元の氣”すなわち、”生命の根源”となる。

リッツ・カールトン45階の”アジュールフォーティーファイブ”で眺望を楽しみながらランチを味わう。至極のひととき。

リッツ・カールトン45階の”アジュールフォーティーファイブ”で眺望を楽しみながらランチを味わう。至極のひととき。

今年で結婚15周年を迎えたので、至福のひとときを味わおうとアバウトな約束をしていた。 ふと、リッツ・カールトンに言ってみたいなあと思い、リッツ・カールトン45階にある”アジュールフォーティーファイブを予約した。 これだけの居心地の良い空間と料理とワインとスタッフさんのサービスをこの金額で味わえるのはとても安いなと感じた。

”人間観の覚醒” 芳村思風 著 人生、生き方の指標となる一冊【書評】

”人間観の覚醒” 芳村思風 著 人生、生き方の指標となる一冊【書評】

この本は何度も読み込んでしまった。人間の本質と今の世の中の歪みがとてもわかり易く書かれている。 本質なので当たり前のことだが気づいていないもしくは忘れてしまっている事に多々気づかせてくれる。 そして、今回の投稿では触れていないが子育ての観点でもしっかりと軸を持つべきと考えさせられるとても素晴らしい内容であった。 妻には絶対に読んでもらいたいと思っている。。。 紹介したいことは数多くあるがその中でもこれからの人生の軸づくりという観点で僕にとってとても響いた部分を紹介しよう。

タロット占いを初めて体験。現状把握と課題が明確となる。正直びっくり。

タロット占いを初めて体験。現状把握と課題が明確となる。正直びっくり。

タロット占いは思いの外、多くの気づきをリアルに感じることが出来た。 最近、人間は氣の塊、氣で動いているという認識を持てるようになってきたので今回のタロットの結果も自分の持っている氣に基づいて出てきた結果なのだろうなとすんなりと受け止めることが出来た。 何かやりたいことが明確にある人は、方向性を見出すために良い指標になると感じた。

ブログ400記事突破。だから何?(振り返りと今後について)

ブログ400記事突破。だから何?(振り返りと今後について)

11月末からブログを毎日更新し、ブログ記事が400記事を越えた。 区切りが良いタイミングなので今までの振り返りと今後の野望的なことをまとめておく。 1.毎日ブログ投稿してきてよかったこと 2.ブログ書き続けることの大変さの変化 3.書き溜めることで日々、様々な記事に検索を通してこのブログに着てくれることを知る。 4.今後の課題

【九星気学】日盤吉方とは?

【九星気学】日盤吉方とは?

僕は毎朝、ランニングをする際に日盤吉方取りを行なっている。 日盤吉方とは日盤(今日18/06/08だと二黒中宮となる)の自宅から自分の吉方位に移動してその方位の吉の氣を取り込む事。 吉の氣を取り込むことでその日一日を良い流れに整える行為となる。

【CROS SUP練習日誌180605】七里ガ浜周辺を団体練習。トータル7時間35.5km。

【CROS SUP練習日誌180605】七里ガ浜周辺を団体練習。トータル7時間35.5km。

今日はCROSメンバーと合同練習。メンバー揃う前に7時半から沖へ2km往復し、その後8時に一人のメンバーと合流し、2時間で帰ってこれる森戸海岸まで直線で往復。 その後、10時にオーナーともう一人のメンバーが海に入り、沖へ向うのを見て追いかける。そして、沖まで10km漕いで戻るという計35.5kmを7時間の練習となった。

【CROS SUP練習日誌】七里ガ浜〜横須賀市荒崎公園往復30.2kmを今回は一人で自分の思うがままのペースで漕ぐ。

【CROS SUP練習日誌】七里ガ浜〜横須賀市荒崎公園往復30.2kmを今回は一人で自分の思うがままのペースで漕ぐ。

本日の風予報が北東2m→南東2m→南4mと変化するという予報。 北風に乗って沖へ出て、帰り南風に乗って帰るが良いのでは?と思ったが、、、 一人で沖に出続けるは危険だとオーナーにおさえられ、前回同様に横須賀方面へ向うこととした。 海のコンディションは穏やか。0〜23kmまでは大きなうねりがあるのみ。23km以降は南風の影響が出てうねりが複雑化。 風は珍しく、予報通りの風向きと風の強さとなり、うねりの少ない中の追い風(ダウンウィンド)の中、漕ぐこととなる。

九星気学の吉方取りを2018年の7月に行う。そのために5月から仮吉方住まいを開始している。

九星気学の吉方取りを2018年の7月に行う。そのために5月から仮吉方住まいを開始している。

2018年は九紫火星が中宮。年盤と月盤がともに九紫火星中宮になるのが7月である。そのタイミングで吉方位に引越しする。吉方取りを行うためだ。引っ越しできない人は7月の約3ヶ月前に仮住まいへ引越しし、氣を移動し根付かせて7月に自宅に戻る方法がある。今回、僕はこの方法にトライしており、その内容を簡潔にまとめた。

ランニングを90日毎日続けてきた結果、脚力のベースが明らかに上がった。

ランニングを90日毎日続けてきた結果、脚力のベースが明らかに上がった。

ランニングを90日毎日続けてきた結果、脚力のベースが明らかに上がった。 2018年の3月4日からランニングの習慣化を開始した。 ルールは「毎日走る。何kmでもいいから」 である。 このルールで90日継続してきた。 一番長い日で53km。 一番短い日で0.29km(290m)。

高千穂神社の夜神楽を味わう【日記】

高千穂神社の夜神楽を味わう【日記】

高千穂に行った際に宿の方に 「高千穂神社の夜神楽をぜひご覧になってみては?車で神社まで送りますよ!」 と言っていただいた事をきっかけに高千穂神社の夜神楽を味わった。 高千穂神社の夜神楽とは? 高千穂では秋の収穫が終わると、無事収穫が出来たことへの感謝と翌年の五穀豊穣を祈願して氏神様をお招きしてお祭りを始め神楽を奉納している。