「 糸島 」一覧

糸島市に関する情報

2018年も糸島で田植えの作業をお手伝い。一年の経過が早い!!

2018年も糸島で田植えの作業をお手伝い。一年の経過が早い!!

昨年に続き、今年2018年も糸島にて田植え作業に携わる機会をいただいた。 今回の業務は ・苗を田んぼの辺に4つずつ間隔をおいて置き、田植え機に苗を乗せやすい環境を作る。 ・田の4角の凸凹をならして整える。 ・苗を乗せた後に苗の鉢の根っこなどを取り除き、片す。 ・夕方来る母子の手植え作業の段取りと一緒に田植えを実施する。

糸島 志摩サンセットロードマラニック53kmはウルトラマラソンへのステップレース。2018年も無事終了!!

糸島 志摩サンセットロードマラニック53kmはウルトラマラソンへのステップレース。2018年も無事終了!!

2018年5月6日。糸島市の糸島半島の海岸沿いを中心に山を3度登る気持の良いコースを走る志摩サンセットロードマラニックが開催された。 僕は今回スタッフとして参加することとなった。今回はスタッフとして走らせていただくことにもなったので参加者側と運営側両方の視点を味わうことが出来る貴重な体験となった。

喜八荘〜糸島の海沿いに佇む料亭兼お宿。あまりの料理の美味しさにリピート確定

喜八荘〜糸島の海沿いに佇む料亭兼お宿。あまりの料理の美味しさにリピート確定

喜八荘。糸島の二条地域の海沿いに位置する料亭兼お宿について紹介しよう。 海目の前のお風呂が楽しめる。 お風呂の水は柔らかいFFCの水 お部屋は海の音のみが聞こえる静かな環境 とにかくお料理がいちいち美味しい!! お食事だけでも利用可能!! 露天風呂だけでも利用可能!!

【糸島】第11回志摩サンセットロードマラニックにて最終ランナーの役目を任命いただきました。

【糸島】第11回志摩サンセットロードマラニックにて最終ランナーの役目を任命いただきました。

この糸島サンセットマラニックにて今年はスタッフとして参加することになった。今年は運営方法を様々な角度から教えてもらいながら、前日の準備にも入らせてもらう。 そして、当日はスタッフとして走ることになった。最終ランナーと同行するお役目だ。場合によっては40kmの関門の制限時間突破へのペースメーカーになるかもしれない。

グリーン ビーン トゥ バー チョコレート(Green bean to bar Chocolate)〜中目黒駅の目黒川沿いにあるカカオだけで様々な味わいを生み出す本格チョコレートのお店。

グリーン ビーン トゥ バー チョコレート(Green bean to bar Chocolate)〜中目黒駅の目黒川沿いにあるカカオだけで様々な味わいを生み出す本格チョコレートのお店。

Green bean to bar Chocolate〜中目黒駅の目黒川沿いにある本格チョコレートのお店。カカオだけで様々な味わいを生み出す本格チョコレート。各チョコレートを試食できるのでお店に行く価値あり。コーヒー豆で味の違いを知り、驚いたときのことを思い出した。これは行く価値アリです。

第11回志摩サンセットロードマラニック。3/5 20:00エントリー開始

第11回志摩サンセットロードマラニック。3/5 20:00エントリー開始

僕が通う糸島市で毎年ゴールデンウィークに開催される志摩サンセットロードマラニック。 糸島のきれいな海沿いと山から見下ろす海岸線が絶景であるこのコース。 糸島の良さを一気に満喫できる素敵なコース そして、しっかりときついコース53km!!! そのエントリーが3/5の本日20:00スタートとなります。

ミレカーサmille casa (旧イゾラーニ)〜中目黒駅から離れたひっそり佇む本格イタリアンカジュアル。オーナーさんが明るく出迎えてくれて料理がどれも素晴らしい。

ミレカーサmille casa (旧イゾラーニ)〜中目黒駅から離れたひっそり佇む本格イタリアンカジュアル。オーナーさんが明るく出迎えてくれて料理がどれも素晴らしい。

山手通りと蛇崩交差点を結ぶ道沿いにある「イゾラーニ(isolani)」というイタリア料理店に家族で行ってきたので紹介する。 このあたりは中目黒駅と池尻大橋駅からも離れていて歩いて15分程度の場所に位置するので駅前みたいな人通りはない。この「イゾラーニ(isolani)」もいつも笑顔で温かく迎えてくれる。

一汁三菜イタリア〜の八丁堀。〜アスリートフードマイスターがいるお店〜 圧倒的な高タンパク質料理に完全に魅了された。。。

一汁三菜イタリア〜の八丁堀。〜アスリートフードマイスターがいるお店〜 圧倒的な高タンパク質料理に完全に魅了された。。。

先日、サハラ砂漠マラソン出場をラン仲間と決めた場所。ここで飲むと、みんなで沖縄ウルトラマラソンに出ようとかサハラ砂漠マラソンへ出ようなど まあまあ、無謀なチャレンジをみんなで受け入れてしまう。そんな雰囲気を持つイタリアンレストラン。 オーナーさんがアスリートという事で”アスリートフードマイスター”を名乗られております!!!そんなアスリート食堂であるお店”一汁三菜イタリア〜の八丁堀”を紹介します。

糸島 COTONE(コトーネ)のタオルは石鹸を使わずに汚れを落とし身体本来の油分を残してくれる。

糸島 COTONE(コトーネ)のタオルは石鹸を使わずに汚れを落とし身体本来の油分を残してくれる。

”COTONE(コトーネ)”というオーガニックコットンで作られたタオルの店頭販売がされていた。石鹸を使わずにCOTONEのタオルのみで肌を軽く拭くだけで身体表面の汚れを落とし、肌が持つ油分はそのまま維持するというコンセプト。まさかの糸島の会社だったのでビックリです。

糸島ビーチ食堂Mr.Beachの新(裏)メニュー ジャークチキンパスタがオススメ

糸島ビーチ食堂Mr.Beachの新(裏)メニュー ジャークチキンパスタがオススメ

Mr.Beachのランチ新メニュージャークチキンパスタがとても美味しかったので紹介する。僕が好きなジャークチキン丼のパスタバージョン。ビーチ食堂Mr.beachは糸島の玄関筑前前原駅の目の前の駅前ビル2階。ビーチ食堂Mr.BEACHは糸島の玄関としてとても居心地の良いカフェである。

ネズミモチの葉の煮込み方。

ネズミモチの葉の煮込み方。

内蔵強化にいいと密かに言われているネズミモチ。その葉っぱを似る作業に参加した。煮込んでタブにして日々取り入れられるようにする。その作業の一部を紹介する。

石坂のラン&SUP戦歴

石坂のラン&SUP戦歴

石坂のラン&SUPの戦歴をプロフィールのためにまとめておきたいと思う。キーワードを挙げると”100マイル””UTMF””UTMB””SUP60km伊豆大島〜七里ガ浜””サハラ砂漠マラソン””TJAR””達成感”。

糸島2大人氣ブロガーの対談記事が猛烈に役立つ。

糸島2大人氣ブロガーの対談記事が猛烈に役立つ。

僕が尊敬し、親しくさせてもらっている糸島の2大ブロガー 元祖糸島ブログ”いとゆる”の西川健一さんと 糸島へ移住したい人は必ずチェックする ”愛しの糸島ライフ”の本橋へいすけさん。 2人のブログに対する経験値、苦労、考え方の変化を聞けたことは僕にとって財産となったのでぜひ紹介したい。

2018年は”凱陣”を飲むぞ。

2018年は”凱陣”を飲むぞ。

今年は愛しの糸島ライフの本橋へいすけさんに猛烈に薦められたお酒”凱陣”を飲むぞ。という事で昨年から売っているお店を身近な酒屋で探しているのだが見つからない。ネットで買おうと思ったが、やはり最初は酒屋さんと話をしながら買いたい。という事で売っているお店を探してみた。

糸島Banzoで広島カープ一岡選手の誕生会を開く

糸島Banzoで広島カープ一岡選手の誕生会を開く

1月11日糸島のイタリアンレストラン”Banzo”で広島カープの一岡選手(愛称:いっちー)の誕生日会を行った。東京、広島、山口、福岡からいっちーファンが集まり、いっちーの誕生日を祝い、いっちーについて語り合った。すごいパワーだ。今年はしっかりと広島カープを応援していく!!

2018年は糸島でシェアハウスをスタートさせたい。

2018年は糸島でシェアハウスをスタートさせたい。

2018年。今年は糸島で拠点を持ち、新たな可能性を見出す年にする。昨年、1年かけて糸島のことを知り、肌で感じることができた。その経験から”シェアハウス”となれる拠点を探すことからスタートする。なぜ、シェアハウスなのかをまとめてみた。

【激走!日本アルプス大縦断】2018年一発目の本が届いた。

【激走!日本アルプス大縦断】2018年一発目の本が届いた。

【激走!日本アルプス大縦断】という本が2018年一発目の本が届いた。2017年末に興味を持ってしまったTJAR(トランスジャパンアルプスレース)の内容が記載されている本らしい。この本を読んで、うぉぉぉ~参加したいと思うか?う〜〜〜ん厳しいと思うか? 自分なりの感覚を得てみようと思う。

ルナサンダルOSO FLACO【新品】でフルマラソンを走るとどうなるか?

ルナサンダルOSO FLACO【新品】でフルマラソンを走るとどうなるか?

今回の福岡マラソンは この"足裏の皮がズリ剥けた状態で走る。" を裏テーマとして走った。 履きなれていない硬いサンダルなので ここで想定していたのは足裏の皮がズリ剥ける。です。 僕の周りにはアマゾンや砂漠マラソンを完走する尊敬する変態ランナーが多い。 彼等の経験談に必ずでてくるのが "足裏の皮がズリ剥けた状態で走る" である。

糸島ゲストハウス”いとより”は素敵な二人が運営していてとても居心地よいです。

糸島ゲストハウス”いとより”は素敵な二人が運営していてとても居心地よいです。

糸島と東京をデュアルライフしている石坂が糸島で良く泊まるのがゲストハウスの”いとより”さん。駅から歩いていけて、”いとより”からは海まで歩いていける。素敵な立地です。簡単にいけて非日常を味わえる空間です。 今回はゲストハウス”いとより”を運営しているオーナーのなるみさんと宣伝係長のへいすけくんに糸島を一日案内してもらいました。糸島の魅力をゲストハウス”いとより”を起点に散策することはオススメです。

Mr.BEACH 〜糸島の玄関、筑前前原駅目の前にある素敵なカフェ。ランチが気持ちいい

Mr.BEACH 〜糸島の玄関、筑前前原駅目の前にある素敵なカフェ。ランチが気持ちいい

糸島と東京をデュアルライフしている僕は糸島へ行くと必ずランチに立ち寄るのが筑前前原駅目の前のビルにあるビーチ食堂”Mr.BEACH”である。山中シェフの美味しいランチが楽しめる。そして、カフェとしてもゆっくり過ごせ、糸島の玄関として糸島の観光の案内もしてくれます。地元の方もゆっくり過ごしていることが多く、私はここで多くの方と知り合いになっています。