CROSS(チャレンジレース伊豆大島〜七里ヶ浜SUP) 69kmチャレンジ振り返り会

CROSS(チャレンジレース伊豆大島〜七里ヶ浜SUP) 69kmチャレンジ振り返り会

2018年7月10日に伊豆大島〜七里ヶ浜(江ノ島)SUP69kmチャレンジを実施し、3週間ほど経過した。あれ以来僕は海に行っていない、、、、

8月2日はこのチャレンジを共に行った仲間6人での打ち上げ。

▲場所は新橋の魚金。とてもいいレストランだった。ここは改めて別に紹介する。

3週間ぶりの再会

あの11時間20分、伊豆大島から江ノ島まで漕ぎきってから初めての再会。

僕的にはすでに遠い過去のこととなっている。今回は記憶を呼び起こし、次のアクションなどにつながるなら面白いと期待を持ちながらの参加。

▲とりあえずの乾杯


▲疲弊させた身体修復のためのにく〜

▲にく〜

▲67歳AirSUP七里ヶ浜ショップオーナーの誕生日!!
改めて67歳とはとても思えない体力の持ち主!!!恐るべし!!!

今回、話を振り返り改めて感じたことは

・茅ヶ崎カヌークラブオーナーマサさんの的確なる指示があってのゴール。

・練習を積み重ねてきて良かったな!!

・サポートくださった2人含めの連携プレーの良さ。

・一人では到底たどり着けなかったという事実。

・良い仲間とこのチャレンジに取り組めたこと。

・このチャレンジを決めてから丸一年しっかり楽しませてもらったこと。

今後のCROSSは?

7月10日を終えて以降、七里ヶ浜のSUPオーナーは海の様々な所で

「よくやったねぇ。」

「来年もやるの?やりたい人がいるよ。」

などと話しかけられているそう。

来年も継続し、リレー形式などでも参加できるように工夫しながら行うことを検討。

さあ、どうなることか?

★毎年、7月10日(セブンテン)をCROSSの日と定め、会うことを決めた。

7月10日に毎年会おうということでセブンテンの日として設定された。この先、このセブンテンに多くのチャレンジャーが集まってきたら、素敵だ!!!

次なるチャレンジはジブラルタル海峡

さて、当然だが次は何しようかという話になり、色々と盛り上がった。誰もやったことないようなことがいいなあ(僕の意見)などと話していた中、

ジブラルタル海峡をSUPで渡るという話しが出た。

ジブラルタル海峡といえば、僕は風雲たけし城という番組のジブラルタル海峡しか頭に出てこない。

風雲たけし城ではそれはそれは突破が難しい過酷のコースであったと記憶している。

▼風雲たけし城のジブラルタル海峡ありました。

ということでジブラルタル海峡がどんなとこもよくわからないまま、2年後にチャレンジすることを誓った。

まずは下調べからだ。

▲誓いの握手

”CROSS” よいプロジェクトが始動した。

昨年の7月に大島まで漕いでみたいなぁというつぶやきから始動し、達成可能そうな仲間に声をかけ今年の7月10日に完漕ぎを果たした。

この実績を聞きつけてやりたい人もちらほら出始めている。

とてもいい話だ。

このようなチャレンジへのチャレンジャーが増えれば、ジブラルタルに関わらず、新たなチャレンジが生み出されやすくなる。

どんどん、「変態」仲間とチャレンジしていきたい。

楽しみだ。