【九星氣学】線路の日、月、年が重なる時に新しいことを始めると長続きする。

線路の日、月、年が重なる時に新しいことを始めると長続きする。

2018年は戌年である。

今年の線路は丑、辰、未、戌となる。

よって三碧木星六白金星九紫火星の人は線路の年となる。

線路の日は

何か新しいこと長続きさせたいこと

を始めるのに適している。

日盤では3日おきに自分の線路の日が訪れる。

例えば、ブログ投稿を続けたいという思いがあった場合、

線路の日からスタートし、線路の日毎に投稿するなどすると継続しやすくなる。

さらに月盤の線路の月は3ヶ月おきに。

年盤の線路の年は3年おきに訪れる。

線路の日に新しい、長く続けたいことを始めるに当たり、

線路の月線路の年を重ねていくとよりそのチカラを発揮してくれる。

僕は今年線路の年なのでこの恩恵をしっかりと利用したい。

今月、7月は未の月で僕にとって線路月となる。

今年四回訪れる”線路の年と月”が重なるタイミング。

4月、7月、10月、2019年1月

がそのタイミングだ。

7月17日は土用入り前の最後の線路の日。

▲2018年の年盤

▲2018年7月の月盤

▲2018年7月17日の日盤

僕は2つの新しいことを始めた。

1. 一目惚れして購入した新しい靴を履き始めた。

この一目惚れした靴を先月購入したのだが、線路月まで待とうと履き始めるのを我慢していた。

そして、昨日の線路の日に靴を使用し始めた。

長くお供してくれる一足になりそうです。

▲良いカラフルさで気に入った。

▲線路の日に初履き。

2.ブログのタイトルを変更した。

ブログのタイトルに違和感を感じていてずっと放置してきたが、この線路の月のタイミングで切り替えることにした。

また、変更するかもしれないがこのブログ自体を長く続くものにしたい思いも強くあるのでこのタイミングで仕掛てみた。

まとめ

何か新しいことで長く続けたい事がある場合はこの線路の日を利用したい。

注意:線路はいい事だけが続きやすいわけではない。悪いことも続きやすいのでその点は注意する必要がある。