親指シフト1ヶ月半経過。 実際に文章書き始めて3週間が経つが苦戦中。

親指シフト1ヶ月半経過。 実際に文章書き始めて3週間が経つが苦戦中。

親指シフトの入力法を3/31に学んで1ヶ月半が過ぎた。その間、毎日実践してきている。

4/25の段階で練習タイピングの入力スピードが自分の文章を書き始めて良いレベルに達したためそれ以降、ブログは全て親指シフトで入力している。

このやり方が正しいのかはわからないが、中途半端にローマ字入力と親指シフト入力を繰り返すよりも潔く親指シフト一本で進めたほうが慣れるのも早いのではないか?と判断し、実践してきている。

全て親指シフトにして良かった点。

良かった点はレイアウトをに見ずに入力が出来るようになったこと。一部記号や小さいぁぃぅぇぉなどあまり使用しないものはまだ見る必要はあるが、あとは見ないで場所は把握している。

全て親指シフトにして悪かった点

悪かった点はブログの文章を書き出す時のストレス。ようはスピードが仕上がっていないので書き出したい文章量実際に書き出せる文章量ギャップがあり、それがストレスになってしまっている。

その結果、ブログの本数も減ってしまっている。。。(涙)

まとめ

途中経過を報告しました。現時点ではまだまだローマ字入力がしっかりと脳みそに染み付いているので油断すると一文字に対し、2打点することがたまにある。まだまだ気持ちいい領域には到達していない。。。

4/25〜2週間程度は本当にストレスでブログ入力はローマ字入力に戻そうかと思った。

しかし、3週間経って少しずつスムーズに文字が入力できてきている感覚も持て始めてきたので引き続き根気強く続けて行こうと思う。

ものくろ先生からも慣れるまでには3ヶ月はかかると言われたと記憶しているのでそれを信じて黙々と続けていこう。