いと会@東京〜糸島白糸酒造のお酒5種類を伊勢丹での高級食材で味わう〜

いと会@東京〜糸島白糸酒造のお酒5種類を伊勢丹での高級食材で味わう〜

糸島と東京を繋げる会〜いと会@東京〜は今回で一周年を迎えることが出来ました。糸島の本家いと会の福島会長に「1年はしっかり続けます!」と宣言してスタートしたのでなんとか1年つなげてきました。

今回は記念すべき1周年いと会@東京と位置付けています

今回のお酒は白糸酒造の5種類

4月に開催された糸島の白糸酒造の蔵開きにてこの蔵開きでしか購入できない田中六五の生酒と6513-Oの2種類の限定酒と白糸の70、55、45の計5種類を用意した。


今回集まったのは酒好きの5人。5人でこの5種類の四合瓶プラス参加者さん地元の諏訪の真澄の限定酒の計6本の四合瓶を5人で楽しんだ。当然ビールも飲んだよ。

このように同じ酒蔵さんのお酒を並べて、それぞれのお酒についてのうんちくを説明していく。
今回は僕が蔵開きで説明を受けてきた内容を一品ごとに説明した。

その時の記事はこちら→糸島の”白糸酒造”の蔵開きで2018年の限定酒”6513-O”入手

これに関してはみんな喜んでくれて
「ただ飲むだけとは違う。味わいながら愉しむ事が出来る。」と称賛いただいた。

このスタイルは今後も使えると手応えを得られたのでやっていこうと思う。

会場は友人のオシャレな遊び場スペースを持つ武嶋税理士事務所

今回の会場は遊び場ありの事務所を作りオープンした友人の武嶋さんの事務所の遊び場スペースを貸していただくこととなった。

▲見て下さい。この遊び場スペース。こじんまりの素敵な飲食店です。
木の落ち着く雰囲気と少し荒々しさのあるアウトドアアクティビティが好きな人ならみんな居心地いいんじゃないでしょうか!


▲このキッチンで今回のメインディッシュ”すき焼き”を用意。作業が手慣れてます。

あと、プロジェクターも常設されているのでイベント絡めたものも可能だなぁと妄想していた。

▲こちらが主の武嶋さん

食材は伊勢丹地下で思うがままにかごへ。讃岐牛、チーズ2種

当日、武嶋さんと今回の日本酒に合う食材を探しに新宿伊勢丹へ行った。今回は食材に金かけようとなり、メインをすき焼き、そして二人共チーズ好きなので日本酒に合うチーズをチーズコーナーで相談し、2種類入手し、事務所に向かう。

▲今回購入分、、、金額考えずに放り込んだ結果。。。。


▲肉はすき焼き用の高級肉。


▲金額は5人の肉代でこんな感じ。


▲チーズはこの2種類。こんなに日本酒に合うとは思いもしなかった。


▲調理中の武嶋さん

▲僕も少しだけ調理


▲すき焼きはこんな感じでできあがり。


▲かなり美味しくいただきました。

こじんまりスペースで日本酒を堪能。5人で6本の四合瓶を飲み干す。

こじんまりした居心地の良い空間で美味しいご飯をいただきながら、、、

美味しい日本酒を飲んだので

当然、5人で2.4升を飲み干してしまったわけです。。。。

みんな翌日は大変だったようです。僕は言うまでもありません。


▲こんな感じでとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

今後のいと会@東京の予定

・田中六五と他の地域の銘酒の飲み比べ
・糸島山田錦を原料とした日本酒の飲み比べ
・高級食材を堪能
・魚まるまる仕入れてさばいて食す!

を考えてます。こんな事やりたーいなどありましたらメッセージ下さーい!