【CROS SUP練習日誌】七里ガ浜〜稲村ヶ崎〜腰越を2往復12km 東風強い中のダウンウインド対応練習。

【CROS SUP練習日誌】七里ガ浜〜稲村ヶ崎〜腰越を2往復12km 東風強い中のダウンウインド対応練習。

今日は4月5日ぶりのトレーニング。1人で葉山を目指すも東風が強く、稲村ヶ崎を超えるとまっすぐに進めないのですぐに折り返し、稲村ヶ崎と腰越を往復するプランに変更した。

コンディション

天気:ガスがかった曇り
気温:最高気温21℃
:東風3-5m。稲村ヶ崎超えると東北の風5m以上。
うねり:東風のうねりが中心。

▲トータル距離:12.09km 七里ガ浜〜稲村ヶ崎〜腰越2往復

▲ペース/ストローク数

▲ストローク距離

▲kmごとペース 最遅13:09/km 最速7:44/km

今回は浜辺に出たら、なかなかの強風。葉山を目指すも強風ならいさぎよく戻るという姿勢で望む。
七里ガ浜の時点でなかなかの強風。稲村ヶ崎を超えると北東の風が強くなり、ボードの先の向きを風とうねりで取られてしまう状況であったため、葉山を目指すのを止めて、腰越との折返しへと切り替えた。

距離を稼ぎたかったので、稲村ヶ崎と腰越を往復でできるだけ行うこととした。

今日の練習の課題 

 ・ペースを保ちながら、漕げるだけ漕ぎ続ける。目標18km。
 ・休憩無しで漕ぎ続ける。
 ・パワーポイントを作り続ける。
 ・東風の追い風でダウンウインドにしっかりと乗る。

今日の気づき

 ・パドル持ち手の上側の手が低すぎる事がわかった▼


 ・パドルを短くしたので風が強くても耐えられるようになった。
 ・追いのうねりピッチでパワーポイント作って漕ぐとよく進む。
 
 ・24.5インチの幅には慣れてきた。特に脚を踏ん張ることなく漕げるようになってきた。

 ・次回以降は黙々とこの稲村ヶ崎〜腰越の往復を行い、距離を漕ぐことにした。
 ・チーム練の際もこの往復を行い、独自のペースで距離を稼ぐ。

▼SUP終了後はステーキ300g!!