”ブランク13”はこれからの人生を考える機会を与えてくれる映画だった。

”ブランク13”はこれからの人生を考える機会を与えてくれる映画だった。

他の映画を観に行った際に太めに飛び込んできた”ブランク13”

リリー・フランキー氏と高橋一生氏。
物静かだが、何か訴えかけるものがありそう。

そして、斎藤工氏が監督。

なんか気になり、早速観に行った。

1時間強という短い映画ながら
響くものがあった。

内容は特に触れないが
涙がしっかり出てきた。

人生とは何か?
家族とは何か?
友人とは何か?

などを考えさせられる内容である。

死ぬ時に

愛されて死ねるか?

恨まれて死ぬか?

これを考えるだけでも日々の生活の過ごし方が変わる。
この意識があるかないかだけで、、、

日々何を大事にして生きていくか?

そんな事を考えさせてもらえる映画であった。

とてもオススメです。