南向きの窓に向かうと勉強・仕事がはかどる。

南向きの窓に向かうと勉強・仕事がはかどる。

僕は昨年の秋から二子玉川のシェアオフィス・コワーキングスペースである
CATALYST BA・co-labでお世話になっている。

ここを借りた理由はいくつかあるがその中の一つが
南向きの巨大な窓から見える広大な景色である。

南向きに向いて頭をつかうと頭がとても回転し、
勉強・仕事がとてもはかどるという事を氣学の講義で習った。

これを実行せねばとここ数週間特に、南向きの広大な窓の前の席を確保して
ひたすら、ブログ書いたり、作戦練ったりとしていたのですが、

明らかに頭の回転が良い。実感できるレベル。
言葉がどんどん出てくるイメージです。

九星氣学からこの身体を窓に向けている方角を上手く使うといいという教えがある。

これは九星気学の方角が持つ特徴によるものである。

この基本となる図から
それぞれの特徴がある。

南:九紫火星
東:三碧木星
西:七赤金星
北:一白水星

それぞれの星が持つ特徴
九紫火星:智慧、知識と知識の組み合わせ。→頭脳の働きが良くなり、記憶力が高まる。

三碧木星:発明、発見。→今までなかったものを生み出す。アイデア。

七赤金星:悦び、実り。→楽しいことを考える時に向く。

一白水星:苦労、悩み、思慮。→じっくり考えたい、冷静に判断したい時

まとめ

実際に講義で話は聞いていたものの、

なかなか実践できるカフェなどがなく、

(南向きの窓を持つカフェが少ない氣がする。)

試すことが出来ていなかったのだが、

co-lab二子玉川の南向き超開放窓とブログを書き続けるという習慣化が重なり、
これを実証することが出来た。

これからも何かを考えたり、文章書いたりといった作業は
このco-lab二子玉川で行っていきたい。

興味を持った方はぜひ試して体感してほしい。

また、受験勉強のお子さんなども南向きにすると良いらしいですよ。