【IMAX ダンケルク】が猛烈に疲れた話。

IMAX ダンケルクが猛烈に疲れた話。

映画ダンケルク

あまり、よくわからず、IMAXでやっているからという理由だけで
観に行った。

イギリス軍とフランス軍がドイツ軍に追い込まれた際の
40万人の脱出についての映像。

始まった瞬間からの銃声。
声が出るほどびっくりする形でスタート。

IMAXだからだと思うのだが、
自分が撃たれたかのような音を身体で受ける感覚。

これが終始続く2時間であった。
出演者の発する声はほとんどなく、

緊張感を煽る音楽と
危機迫る臨場感ある音と人の息など

自分がさもそこで一緒に逃げたり、隠れたり、
している感覚になった。

2Dであの臨場感はスゴイ。

過去に2DのIMAXで見たことがあるのは
”レヴェナント”

あの映画も静寂の中での突然の緊張感などを思い出すが

このダンケルクはその緊張感が終始続いた。

正直、体に堪える、とても疲れる映画であった。

もし、これが3DのIMAXだったら見続けられなかったであろう、、、、

どうしても記録に残したく書き留めた。。。