伊豆大島〜七里ガ浜SUP60km達成とTJAR完走が可能かを探る1年【2018年目標④】

伊豆大島〜七里ガ浜SUP60km達成とTJAR完走が可能かを探る1年【2018年目標④】

SUP60km伊豆大島〜七里ガ浜

2017年の7月に
伊豆大島から七里ガ浜までSUPで漕ぎたいという僕の思いに乗ってくれる仲間が現れた。

17年7月の決起した時の記事はこちら

12月に仲間が6人とアドバイザーが集まり決起会が行われた。
あとはしっかりと身体を作り、道具を揃え、船などの準備を行い、
実行日を迎えるのみだ。

17年12月、60kmSUPするメンバーで決起した時の記事。

まずはSUP60kmを漕げる身体を作り上げて、
SUP60km漕いだあとに何があるのか?をしっかりと確認したい。

ラン。ターゲットは2020年TJAR?

そして、2017年は全く走る氣の起こらない1年であったが
12月の沖縄100kmウルトラマラソン後、走る意欲が完全に戻った。
この精神的な変化はほんとにびっくりしている。

体の調子が良くなったとかそういうことではなく、
突然そのような思いがこみ上げてきてそれが持続しているようなイメージ。

昨年はレースなどはほとんどいれていなかったが
今年はレースも積極的にプランにいれていくことにする。

さて、どこに照準を合わせていくのか?だが、
一昨年から出ていたスパルタスロン完走、サハラ砂漠完走、アタカマ砂漠完走。
そして、この年末年始でとても、ものすごく興味を持ってしまった
TJAR(トランスジャパンアルプスレース)完走。

今、一番ワクワクしてくるのがTJAR完走。
ただ、どの程度のレベルまで高めなければならないのかがさっぱりイメージできていない。
100マイル4回走ったことありますでは到底通じないことはわかっている。

この点を探る1年にすることにした。2年に一度の大会なので2020年参加で検討していく。
そのためにサハラ砂漠に出るならば出ればいいし、過酷なレースに出るならば出れば良い。
あくまでもTJARを意識してレース選択をしていく。

まあ、これも無謀ではあるが

あの415kmを走りきった時の達成感は半端ないだろう!!
ことを想像してしまう。