【みの家】桜鍋の老舗。桜鍋の馬肉は柔らかく、鍋の汁が超絶美味しかった。

【みの家】桜鍋の老舗。桜鍋の馬肉は柔らかく、鍋の汁が超絶美味しかった。

今回は糸島と東京をつなげる会〜いと会@東京〜第10回目として
第7〜8回目の時に九州の人多いから馬肉を食べようという話しがきっかけで実現した。

ここの桜鍋が超絶美味しかったので紹介する。

【みの家】は桜鍋の老舗。森下駅徒歩2分に位置する。
都営地下鉄の森下駅の交差点を東方向に歩いていくとすぐに現れる。

▼歩いて行くと突如現れる年代を感じる木造のしっかりした建物。

▼正面から見るとこんな感じ。

▼暖簾をくぐります。

▼店内の雰囲気もとても良い。(ちなみに入った時は満席でした。)

【みの家】のメニューはとてもシンプル

▼メニュー表はとてもシンプル

今回は5人で桜鍋を楽しむ。

スタンダードな桜鍋5人前と馬刺しを3人前頼んでみた。

桜鍋の食べ方を事前に予習する。肉はさっと煮てすぐに食べるがコツ。

▼桜鍋の食べ方がメニュー表の裏に記載されている。

(引用) 桜なべワンポイント 桜なべをおいしく味わっていただくために 桜なべに火が入りましたら、すぐに味噌を といて肉をほぐしてながらなじませて下さい。 続いてザク(惣・白滝・麸)をすき間に入れてください。 肉はさっと色が変わったら食べごろです。 煮詰まってきたら割り下をたして下さい。 (目安として濃割3:薄割1ぐらいで) 常になべの高さの3分の1程度に割下が 入っているようにして下さい。 おしまいに、残った玉子をなべに入れ半熟 に固まったところを白いご飯にのせると、 おいしく召し上がれます。

お肉はさっと色が変わったら食べるという所が

特においしく食べるポイントと食べた後に感じた。

全ての肉が味噌と一緒に鍋に入ってくる。

▼桜鍋はこのように出てきます。全ての肉が入っている。

肉はさっと煮て食べるということは、、、、、

一気に食さなければならない!!!!!

▼味噌を溶いてザクを一気に乗せます。

▼そして出来上がり。


肉はさっと煮たほうがいいと書いてあるので
掘り返して一気に生卵につけて食した。

あっという間になくなったがほんとに味わい深い
美味しい鍋料理だ。ザクにも味が染み込み隅から隅までいただいた。

ほんとに瞬殺です(T_T)

残り汁にうどんやご飯など混ぜたいと思ったのだが、
メニューにはそんな案内ないし、そもそも炭水化物が見当たらない。

まさかの糖質制限のお店か!!!
と思いましたが。

▼ありました。この並べに御飯と書いてありました。他のおかずの一部です、、、、

▼馬刺しもとてもシンプルで美味しい。

まとめ

一度は絶対に食べたい味だと思う。
参加者の方から「ビタミンA、ビタミンB、ビタミンDが豊富なので
身体がポカポカして身体に良いですよ。」
と言われたのですが、確かに食べ終わった後、身体がポカポカしていた。

しかし、肉をさっと食べるという教えからあっという間に食べ終わってしまい、
1時間も居ることができなかった。。。。

桜なべをさくっと食べて他のお店で飲むという流れが良さそうです。

今回は糸島と東京をつなげる会〜いと会@東京〜だったのですが
純粋に神社巡りを楽しみ、桜なべを楽しむ会となりました。
このような会に繋がったことがとても嬉しいです。

また、何かを楽しむ会の開催をしたいな。

みの家の情報はこちら

営業時間:平日 12時〜14時 16時〜21時半(ラストオーダー21時)

     休日 12時〜21時半(ラストオーダー21時)

電話番号:03-3631-8298

URL:http://www.e-minoya.jp