デュアルライフのメリット〜それぞれの地の恩恵を受けられる〜

デュアルライフはそれぞれの地の恩恵を受けられる

デュアルライフのメリットを考えてみる。

デュアルライフとは2拠点以上を行き来するライフスタイル。

ざっとデュアルライフのメリット箇条書してみると

・日常と非日常を行き来できる。

・都市圏と自然豊かな地を両方味わえる

・喧騒と静寂の両方を味わうことができる。

・それぞれの地のメリットの恩恵を受けられる。

・それぞれの地域の方々と交流ができ、交流が広がる。

・長時間移動が手に入る。(集中できる時間を持てる)

・これらの変化を与えることで脳に刺激を与えられる。

などでしょうか?

都市圏の人混みと人が少ない自然豊かな環境の両方を味わえる。

東亰での恩恵

今、私は東京の目黒と福岡の糸島を行き来する
デュアルライフを送っている。

私は中目黒と池尻大橋という駅が最寄り駅となり、
都内どこに行くにもすぐにアクセスできる。
もちろん自転車を使えば大抵の場所には30分で着けてしまう。

打ち合わせ、セミナーへの参加などは
何の躊躇もなく決めることが出来る。

時間的な心配をする必要がないというのがメリットの一つである。

ただ、どこに行っても人、人、人、、、、
なかなか空いているカフェを見つけるのも一苦労。

でもとにかく刺激は多い。行動すれば知り合える人も圧倒的に多い。
貪欲であればあるほど得られるものは多いのが東京ではないだろうか。

糸島は都市から近いのに自然豊か。

私が糸島へ行くときは福岡空港から筑前前原駅まで電車を利用する。
最初はそこそこ混んでいるが
筑前前原駅に着く頃には電車内は相当空いている。

移動するだけ都内の喧騒感は完全に消える。

そして、レンタカーを借りて
駅から離れ、玄界灘へ向かうと道のりは田畑と山に囲まれて
完全に自然の中に溶け込んでいける。

海を見ながら時間を過ごすだけでも
心が洗われて落ちつく。

ただ、移動するだけでも大きな変化を得ることが出来るわけです。

喧騒と静寂による変化を得られる。

この喧騒と静寂の変化は
容易に想像つくと思いますし、想像どおりのことと思います。

この変化を味わうだけでも
脳に日常と違う環境変化という刺激が与えられるので
デュアルライフのメリットになると感じています。

これに新しいきっかけや出来事に
瞬時に対応できる心構えが持てていると自覚している。

また、その他の体感したデュアルライフ
のメリットについても触れていきます。