糸島志摩サンセットマラニックは自然豊かで景色が素晴らしい

糸島志摩サンセットマラニックは自然豊かで景色が素晴らしい

志摩サンセットマラニックコースの一部を体験

志摩サンセットマラニック53kmの企画、運営を行っている
大江さん、橋本さん、竹村さんに一緒に走っていただけないでしょうか?
とオファーし、無理を聞いていただき、今回のランが実現した。

今回は全体のコースの半分約23km。

初の志摩健康福祉センターふれあいがスタート地点

今回、設定いただいたコースは初にある
志摩健康福祉センターふれあいを起点としています。

ここには市民の方100円、市外の人200円で
入ることができるお風呂があり、着替えと汗流せる拠点です。

お風呂が広く、温かく、外も見えるので
思った以上に良いお風呂です。

志摩健康福祉センターふれあいへのアクセス方法

志摩健康福祉センターふれあいへのアクセス方法は車かバス。

車で行く。(駐車場あります。)

▼場所はこちらです。

筑前前原駅からバス

筑前前原駅からバスで移動が可能です。

時間は15分程度

価格は200円

▼こちらが時刻表(初深江線で行けます)

初から櫻井方面へ北上。田畑が広がる素敵な道

▼ふれあいから出発〜〜

▼田畑が広がる道 気持ちよかぁ〜〜

桜井方面へ北上し、櫻井神社を左手に
小山を登って、下ると
玄界灘と二見ヶ浦の鳥居が現れてきます。

▼玄界灘が見えてきた

▼二見ヶ浦の鳥居。人いっぱい。

サンセットロードの海沿いを走れる

二見ヶ浦で左折して
海沿いの道を、海を見ながら走ります。

海でサーフィンしている人もいて
本当に気持ちが良いコース。

サンセットの時間に走ったら
それはそれで気持ちいいだろうなぁ。

別荘地、彦山はとても急坂。マラニックでは難所?

その後、別荘地の彦山を駆け上がり、
幣の浜から芥屋の大門を見下ろす絶景を駆け下りる。

▼上り坂はこんな感じで急

▼さらに急な坂

▼ゴルフ場の横を通過

▼上りを終えたら弊の浜と芥屋を一望する下り坂

芥屋の大門まで行き、そこから往復。すなわち再び彦山を登る、、、

志摩サンセットマラニック53kmはこのあと芥屋の大門まで行き、
往復するというコースで素敵な、そこそこ負荷のあるコースと
認識できた。 参加が楽しみだ。

今回は志摩中学の交差点を左折してスタート地点に戻った。

▼右手に見える可也山。素敵です。

エイドやトイレの場所を打ち合わせ

今回、走りながら3人でエイドやトイレの設置場所
誰に声をかけて、協力得るか?

昨年はあの店に迷惑をかけてしまった。
などなどを走りながら話されていた。

私もコースを作成して、
ランニングイベントや大会を企画、実施したいと考えていたので
とても刺激的でした。

2017年は5月7日開催で3/15の20時〜エントリー開始

今年2017年は5月7日のゴールデンウィーク最終日の日曜開催。
Runnetでのエントリーに変えてから
すぐに定員に達してしまうようです。

昨年2016年は160名。

今年2017年は200名。

3/15(水)の20:00エントリー開始です。
詳しくはこちらのサイトを確認ください↓↓↓

http://yarigai.com/sac/10mara0507.html

東京から参戦しましょう。その際は僕が糸島を案内します。

まとめ

今回はとても素敵な経験をさせていただきました。
糸島で走ることも初めてだったので
糸島ランデビューをいい形で迎えることが出来ました。

ラン後は大江さん御用達の
焼き鳥屋”万成”に連れてっていただきました。

▼このずり刺しとレバ刺しを見てください。めちゃ美味い。

▼締めに大盛りチャーハン、、、

本当にとても刺激的な幸せな1日となりました。


大江さんご夫妻、竹村さん、橋本さん
本当にありがとうございました😊